shelf

ビジュアルで見やすい、使いやすい
コンテンツマネジメントサービス

shelf画面イメージ。データを可視化、一覧性が高く見やすい画面です

貯めるだけのストレージではなく
資産としての活用を支えるサービスです

shelfはコンテンツを可視化することで、分かりやすく管理、活用できるようこだわったコンテンツマネジメントサービスです。


シンプルなデザインと直感的な操作、高い検索性で誰にでも簡単に使えて、必要なコンテンツにすぐにたどり着けます。

また充実したコンテンツ使用管理機能により、コンテンツを安全に活用できます。


必要な人へ、必要なコンテンツが届くように。

shelfで積極的なコンテンツ活用を始めませんか。

shelfを選ぶ6つの理由

shelfはビジュアルコミュニケーションエキスパートであるamanaが提供する、コンテンツマネジメントのベストソリューション。
コンテンツ制作、管理、共有のサポート機能を充実させコンテンツ活用の可能性を広げます。

  • 理由1

    ビジュアルで管理するシンプルデザイン&UI

    ビジュアライズされた画面は、どなたでも直感的にご利用いただけます。


    • 主な機能ボタンはアイコン表示、ドラッグ&ドロップ操作
    • コンテンツ情報や関連画像を1ページにすっきり表示
    • サムネイル、プレビュー機能で視認性UP
    • 上層フォルダ選択時も、下層フォルダのサムネイルを一覧に表示

    and more...

  • 理由2

    社内も社外も、ユーザー以外にも、簡単共有

    ユーザー間共有に加え、ユーザーではない第三者へのコンテンツ授受にも柔軟に対応できます。


    • メニューを跨ぎセレクトしたコンテンツを確認できるお気に入り
    • 一度に4GBまでコンテンツ送付できる転送機能
    • フォルダを指定し登録させるコンテンツ登録依頼機能
    • コンタクトシートが作れるPDF生成機能

    and more...

  • 理由3

    豊富な管理機能から自分たちでアレンジ可能

    難しいIT知識は不要。シンプルでもしっかりでも、自分たちにフィットするシステムに設定できます。


    • メニュー、フォルダの設定
    • コンテンツ情報の項目(メタ)の種類や入力形式の設定
    • サイトテーマやログイン画面も企業イメージに併せてアレンジ可能

    and more...

  • 理由4

    +αのセキュリティ機能で、より安心安全に

    根本的なセキュリティ措置に加え、サイトごとに設定できるセキュリティ機能を用意しています。


    • サイトごとに設定できるIPアドレス制限
    • フォルダへのアクセス制御設定
    • 組み合わせで自由に作れるロール(ユーザー権限)設定

    and more...

  • 理由5

    コンテンツのライフサイクルに合ったサービス展開

    必要に応じて組み合わせ、同一サイト上でシームレスに利用できます。基本的な操作感も変わりません。


    • 管理、共有に優れた「Library」
    • 効率的な制作管理を実現する「Workspace」
    • 無駄を抑えてデータを蓄積「Archive」

    and more...

  • 理由6

    オプション機能の追加、外部連携などの機能拡張にも対応

    オプションの利用、企業HPや基幹システムとの連携で更に便利に。


    • より厳密なコンテンツ管理を叶えるダウンロード申請機能
    • 1つのIDを複数ユーザーで共有する共通ID機能
    • いつものID、PASSでログイン可能なシングルサインオン機能
    • ご利用中の商品情報管理システムとの連携
    • 企業HPやECサイトなど外部WEBサイトとの連携

    and more...

効率的なリモートワーク
働き方改革をサポートします

働き方へのさまざまな変革が求められる、第三のニューノーマル時代。
場所にとらわれず、セキュアにコンテンツ制作、管理、共有ができるshelfなら、
リモートでも効率的なワークフローが確立可能です。

  • 01

    「オフィスに行けば」をなくしたい

    属人的、物理的なキャビネ保管からshelfに変更することで、整理された最新の資料をリモートで入手可能になります。 サムネイル表示やメタ情報付加機能などで、誰でも目的のコンテンツにたどり着けます。

  • 02

    離れていても、密でスムーズな制作管理を実現したい

    shelf Workspaceの制作管理機能なら、拡大プレビューでの確認、プレビューへ校正指示の直接書き込み、コメントの入力が可能。 各種編集ソフトが無くても素早く、正確なコミュニケーションを行えます。

  • 03

    セキュリティは担保したい

    フォルダ単位で設定できるアクセス制御、ユーザー権限、ダウンロード申請機能などを組み合わせることで、安全性を高めた管理が行えます。 またIPアドレス制限も可能で、管理者のハンドリングの下、セキュアなコンテンツ管理を実現できます。

shelfはコンテンツ共有、活用を大切にする企業様に導入いただいています。

  • goldwin
  • hagoromo
  • hankyu
  • house
  • kinkos
  • nittaku
  • ntn
  • oizumi
  • pola
  • prince
  • sc-engei
  • sony
  • u-can
  • ucc