サービス紹介

ビジュアルコンテンツのライフサイクルに即した
サービス、ソリューションをご紹介いたします

「企画・制作・活用・管理」
全フローに最適なソリューション

集める・使う「Library」
管理・共有に優れた
shelfのベーシックサービス

service-1

シンプルなデザイン、直感的なUI、そして一覧性の高い画面表示が使いやすいshelf。「Library -ライブラリ-」はshelfのベースとなるサービスで、コンテンツの管理、共有、活用をサポートする機能がたくさん付加されています。

コンテンツ一括登録や第三者による登録機能などコンテンツ収集のしやすさはもちろん、関連コンテンツの紐付け管理、利用申請機能、リサイズしたJPEGデータの自動生成機能など、後々の活用を考えて設計しました。コンテンツ管理にお悩みなら、まずは「Library」から始めてみてはいかがでしょうか。

service-1

作る・伝える「Workspace」
最適メンバーとの
効率的な制作管理を実現

service-2

「Workspace -ワークスペース-」は、コンテンツ制作、管理のプロフェッショナルであるアマナならではの安全、効率的な制作管理ツール。プロジェクトごとに制作管理スペースを自由に制作、任意で指定したメンバーのみ確認できる仕組みです。
アイコンによるステイタス表示、履歴管理された校正機能、登録やコメント投稿時のお知らせメール機能などで、複雑なワークフローもリアルタイムで正しく把握できます。完成後は同じサイト上にあるLibraryへドラッグ&ドロップで簡単にコピー可能。企画~運用をワンストップで管理したい、クリエイティブフローをデジタル化し効率を上げたい、そんなご要望に応えます。

service-2

ためる「Archive」
蓄積すべきコンテンツを
無駄なく、簡単に管理する

service-3

「Archive -アーカイブ-」 は年々蓄積されるコンテンツの保管方法を最適化し、容量を気にせずご利用いただけるよう開発した、長期保管用サービスです。
Libraryでコンテンツをチェックするだけでアーカイブ化が完了。他のコンテンツと同様に検索、閲覧ができ、制限容量内ならダウンロード・転送も行えます。
販売終了品で共有が制限されるコンテンツ、歴史を伝えるアーカイブ写真、比較用に蓄積すべきデータ類…「今すぐには使わないけれど、残しておきたい」そんなコンテンツの長期保管に、ぜひ「Archive」をご利用ください。

service-3

アート作品管理は「ARTshelf」
管理にまつわる
見えない作業を効率化

service-4

shelfにおけるビジュアルコンテンツの管理・共有のノウハウを活かした、美術品管理の効率化を実現するアート業界向けサービスです。
作品画像だけでなく動画やPDFファイルなども紐づけて登録できるので、アートフェアの展示情報や実際の展示風景、輸送関連書類などの一元管理が可能。作家、コレクター、ギャラリー、輸送会社や学芸員との情報共有もスムーズに行えます。
また、手間のかかる作品画像の転送、作品情報をまとめたファクトシートや作品リストの作成は、簡単な操作により自動生成できるため、作業時間を短縮できます。

ARTshelfは別システムのため、同一サイト上で他のサービスと同時に利用することはできません。

service-4

さまざまなビジネスシーンに
フィットします

  • 営業・販促活動に

    use_scene-1

    ・販促資料のスピーディな共有
    ・情報の統一と活発な利用を促進

    本社マーケティング部からの販促資料や関連情報を、営業・販売メンバーなど多数ユーザーに向けスピーディーに共有。自由に設定できる検索項目や、販売強化商品や新商品をプッシュできるタグ機能でコンテンツが見つけやすく、またリレーション機能にて各コンテンツを紐づけることで、簡単に複数の情報を確認、一括入手できるように設計されており、提案数や成功率が向上しています。
    さらに現場にてイベントやPOPをiPhoneで撮影し、アップロードされたデータを本部で確認。施策実施のタイムリーな共有、把握、見直しに役立っています。

  • グローバルでの活用に

    use_scene-3

    ・多言語&申請機能でグルーバル対応
    ・コンテンツクオリティの統一

    本社から海外支社や販売パートナーへのコンテンツ提供に利用。多言語対応はもちろん、サムネイル表示や直感的なUIが言語を超えて分かりやすいと高評価です。また入退社に伴う煩雑なユーザー管理業務を軽減する共有ID機能を導入し、社内ポータルから社員なら誰でもアクセスできるように設定。一方でコンテンツのダウンロード申請機能、IPアドレス制限による不特定拠点のアクセス制御にて、利便性とセキュリティを両立されています。
    本社発信コンテンツに加え、各支社作成のコンテンツも登録。本社チェック後に全社公開するなど、企業イメージやコンテンツクオリティを統一し高めるフローとなっています。

  • 広報、IR部門の支援に

    use_scene-2

    ・プレスリリース配信を自動化
    ・QRコードでより深い情報提供

    shelfをプレス用サイトとして利用すれば、手間のないリリース配信が叶います。メディア担当者をユーザー登録し公開フォルダを指定すれば、コンテンツを更新していくだけで常に最新の情報を提供できるプラットフォームに。テキスト、バリエーションや画角違いの写真やロゴ、役員ポートレート、関連記事などをまとめて登録することで、メディアが必要とする情報を一括で提供可能です。
    またコンテンツ詳細ページに簡単に遷移させるQRコード発行機能を導入いただき、パンフレットやIR資料に記載。文字だけでは伝わらない内容を、QRコードからアクセスするshelf上で動画閲覧いただくなどの事例もございます。